大阪・吹田  三重・伊賀  初心者向けの家庭料理専門お料理教室 『のんの』の「ひとりカルチャー教室」のブログ

主に初心者の方、苦手な方に向けた料理教室や手芸教室などのカルチャー教室を大阪府吹田市、三重県伊賀市で開催中!基本の家庭料理をばっちりマスター出来ます!教室の情報やお役立ち情報などもアップしていきます!

【乳がん体験記②】お医者さんからの宣告とその時の気持ち

time 2016/02/04

【乳がん体験記②】お医者さんからの宣告とその時の気持ち

料理教室、手芸教室、生活レッスン等を1人で教える

のんののひとりカルチャー教室」代表ののんのです!

(現在は主に大阪・吹田、三重・伊賀で活動中!)

このシリーズでは、私の乳がんの体験記を綴っています。

皆様のお役に少しでも立てれば幸いです。

第2弾は、「私が乳がんになった時のお医者さんから宣告とその時の気持ち」についてお話します。

【乳がん体験記①】私の乳がんを発見したきっかけ

 

その当時の私には、乳がんの知識はあまりありませんでしたが、直感的に自分のしこりが乳がんだと確信しました。

悪い予感は当たり、乳がんだと宣告されました。

 

乳がんにはⅠからⅤまで段階ごとに、症状の重さによって「ステージ」という表現があるのですが、私の場合は乳がんステージⅡでした。比較的初期の段階ではあったのですが、しこりの大きさの割にはがんの質が悪く、当初の主治医の予測に反して、フルコース治療になりました。

 

、、とそんな風にちゃんと自分の中で整理が出来たのは、しばらく日にちが経ってから。

そういった告知内容を告げられる前に、主治医の先生に言われた

 

「残念ですが悪いものでした。」

 

という言葉が頭の中にこびりつき、「私は「残念」な枠に入ったんだ。。」ということしか考えられない状態になっていたのです。

 

お医者さんにしてみれば、日常のありふれた業務の中の心がけであったと、今では理解できる私も、その時はそんな風にしか思えなかったのでした。         

 

続きはこちらです!

【乳がん体験記➂】病院で乳がんだと告げられるまでの流れ

【乳がん体験記②】お医者さんからの宣告とその時の気持ち

down

コメントする




体験レッスンのご予約はこちらから!

人気ブログランキングに参加しています!